Welcome to

Useful To Consider

海外進出でも便利!レンタルオフィスの活用

  • Post By:
  • Date:

未知の諸外国への進出の判断

企業が海外進出する場合には、その地域でマーケティングやリサーチをしてどこの場所にブランチを構えるのが一番いいのかを調査します。日本国内であれば、それぞれの地域の特性などを既にデータ化されていて、そこからデータを購入して検討することができますが、諸外国の場合にはまだデータが整理されていなくて、またデータ自体の信頼性も薄いこともあり、実際に企業が現地にいっておこなうことが多く、その結果にて判断します。

レンタルオフィスを構えること

そのために、いきなり事務所を長期契約をしたり購入したりすることはなく、多くの場合には現地でレンタルオフィスを借りて短期間の内にマーケティングなどをおこないます。最近の企業の動きは早さが勝負であることもあり、それらのデータを持って早急に判断を下して戦略を実行していきます。また現地で人材を短期で確保して現地調査に同行させたり、また本人からのヒヤリングをおこなったりしてデータを補ったりします。そのため人材は信頼性の高い人物を採用します。

アンテナショップのように構えること

レンタルオフィスのメリットは、短期間で借りることができるために、その地域でよい結果が得られなかった場合には、次に別の地域に行ってマーケティングなどを実施することが可能になることです。また実際に計画を実行に移すときにも、アンテナショップとしてレンタルオフィスで各地に店や事務所を構えたりして、実際に営業活動においての実績を見て進出するか撤退するかを判断することもできます。特に新しい国に進出するときにはこの方法は便利です。

レンタルオフィスは業務上必要な備品を備えた状態で借りることのできる貸事務所です。一般のビルで借り、備品整備するより安くコストを抑えられるので起業するのに適しているのではないでしょうか。